CoCoSiA(ココシア)

何もかもうまくいかないと感じる20個の原因とは?

うまくいかないことがあると、ドミノ倒しのように・・何もかもうまくいかなくなってしまうことってありますよね。

この負の連鎖をどこかでとめなければ、ずっとドミノは倒れ続けてしまいます。

何もかもうまくいかないと思う時、本当に何もかもうまくいっていないのでしょうか。

もしくは、そう感じてしまう原因があるのでしょうか。

また負の連鎖をとめて、何もかもうまくいくように反転させるための方法はあるのでしょうか。

今回は何もかもうまくいかない!と感じた時に読んでほしいことをまとめました。

少し休憩して、ゆっくり読んでみてくださいね。

何もかもうまくいかないのは誰のせい?

何もかもうまくいかないのは誰かに原因があるのでは?と感じている人。

それは周りのせいですか?自分のせいですか?本当に誰かのせいなのでしょうか。

ドミノを倒した犯人はどこかにいるのか・・。

それとも自然の摂理や霊の仕業なのか・・。

まずは誰のせいで、何もかもうまくいかないという状況になってしまっているのかを分析してみましょう。

1. 周りのせい?

何もかもうまくいかないのを周りのせいにしている

これを具体的に書き出してみると、周りのせいでないのは一目瞭然です。

しかし、それぞれのうまくいかない理由の中には、周りの人が関係している場合もあるでしょう。

では一度周りのせいにして考えてみましょう。

・好きな人が振り向かないのは、ライバルのせい
・仕事でミスをするのは、同僚や後輩の仕事が遅いせい
・携帯を失くしたのは、一緒に飲み過ぎた友達のせい
・電車に乗り遅れたのは、起こしてくれなかった家族のせい
・体重が増えたのは、食事に誘う友人のせい

このように何もかもうまくいかないのは自分の周りにいる人達のせいだと言い張ることもできます。

しかしこれはどれも言い訳でしかありません。

責任転嫁をしているだけです。

悪いことが起きた時に、人のせいにするのは簡単です。

どんなことでもそれに関わった人のせいにすれば良いだけです。

しかし本当の原因は周りにはありません。

例え周りに邪魔をされたとしても、うまくいく時はうまくいくものです。

負の連鎖を周りのせいにするのは間違っています。

そして何の解決にも繋がらないでしょう。

2. 自分のせい?

何もかもうまくいかないのを自分のせいにしている

周りのせいでないなら自分のせいなのか。

というと、それも少し違います。

もちろん原因が自分にあることは多いでしょう。

しかし「自分のせい」というわけではないのです。

物事がうまくいかない時、こんなにも自分は頑張っているのになぜ?と思うこともあるでしょう。

そうなんです。

努力をしていないわけでも、堕落しているわけでもないのです。

うまくいかない期間だって自分なりにうまくいくように頑張っているはずです。

それを自分のせいで何もかもうまくいかないと思ってしまうのは、逃げでもあります。

「どうせ自分が悪いんだ」「自分のせいで何もうまくいかない」そう思うのって実は楽なことなんです。

それ以上考えなくて良いからです。

しかしこれでは本質的な改善策は何も見えません。

何もかもうまくいかない時「自分のせいだ」という考えは一度捨てた方が良いでしょう。