うまくいかないことがあると、ドミノ倒しのように・・何もかもうまくいかなくなってしまうことってありますよね。

この負の連鎖をどこかでとめなければ、ずっとドミノは倒れ続けてしまいます。

何もかもうまくいかないと思う時、本当に何もかもうまくいっていないのでしょうか。

もしくは、そう感じてしまう原因があるのでしょうか。

また負の連鎖をとめて、何もかもうまくいくように反転させるための方法はあるのでしょうか。

今回は何もかもうまくいかない!と感じた時に読んでほしいことをまとめました。

少し休憩して、ゆっくり読んでみてくださいね。

何もかもうまくいかないのは誰のせい?

何もかもうまくいかないのは誰かに原因があるのでは?と感じている人。

それは周りのせいですか?自分のせいですか?本当に誰かのせいなのでしょうか。

ドミノを倒した犯人はどこかにいるのか・・。

それとも自然の摂理や霊の仕業なのか・・。

まずは誰のせいで、何もかもうまくいかないという状況になってしまっているのかを分析してみましょう。

1. 周りのせい?

これを具体的に書き出してみると、周りのせいでないのは一目瞭然です。

しかし、それぞれのうまくいかない理由の中には、周りの人が関係している場合もあるでしょう。

では一度周りのせいにして考えてみましょう。

・好きな人が振り向かないのは、ライバルのせい
・仕事でミスをするのは、同僚や後輩の仕事が遅いせい
・携帯を失くしたのは、一緒に飲み過ぎた友達のせい
・電車に乗り遅れたのは、起こしてくれなかった家族のせい
・体重が増えたのは、食事に誘う友人のせい

このように何もかもうまくいかないのは自分の周りにいる人達のせいだと言い張ることもできます。

しかしこれはどれも言い訳でしかありません。

責任転嫁をしているだけです。

悪いことが起きた時に、人のせいにするのは簡単です。

どんなことでもそれに関わった人のせいにすれば良いだけです。

しかし本当の原因は周りにはありません。

例え周りに邪魔をされたとしても、うまくいく時はうまくいくものです。

負の連鎖を周りのせいにするのは間違っています。

そして何の解決にも繋がらないでしょう。

2. 自分のせい?

周りのせいでないなら自分のせいなのか。

というと、それも少し違います。

もちろん原因が自分にあることは多いでしょう。

しかし「自分のせい」というわけではないのです。

物事がうまくいかない時、こんなにも自分は頑張っているのになぜ?と思うこともあるでしょう。

そうなんです。

努力をしていないわけでも、堕落しているわけでもないのです。

うまくいかない期間だって自分なりにうまくいくように頑張っているはずです。

それを自分のせいで何もかもうまくいかないと思ってしまうのは、逃げでもあります。

「どうせ自分が悪いんだ」「自分のせいで何もうまくいかない」そう思うのって実は楽なことなんです。

それ以上考えなくて良いからです。

しかしこれでは本質的な改善策は何も見えません。

何もかもうまくいかない時「自分のせいだ」という考えは一度捨てた方が良いでしょう。

3.運や霊のせい?

何もかもうまくいかない時。

風水に頼ったり、御祓いに行く人もいます。

この悪い負の連鎖が悪い運や悪い霊の仕業だと思っているからでしょう。

現実的にはうまくいかないことが運や霊のせいであるということはありません。

しかし運気が下がっている時なのかもしれませんね。

ものは考えようで、信じるも信じないもその人次第です。

自分には悪い流れがきていると思い、風水に頼って実行して、それからうまくいくようになるのであれば、信じて救われたということでしょう。

運や霊のせい!と決めつけるのは間違っていますが、それも一つの原因として自分の悪い流れを変えるきっかけにしてみるのは良いかもしれません。

何もかもうまくいかないと感じる20個の原因

何もかもうまくいかない!
一度そう思ってしまうと、本当にやること全てがうまくいかなくなってしまいます。

これは「うまくいくはずがない」という自己暗示からくるものなのでしょうか。

それとも本当に何もかもがうまくいかないスパイラルにはまってしまっているのでしょうか。

ここからは、何もかもうまくいかないと感じる原因についてを紹介していきます。

1. 諦めるのが早い

何もかもうまくいっている時は、自分がやることに自信があります。

途中でミスをしても、断られても、思うような結果が出なくても・・もう少しやってみよう!としがみ付くことができるのです。

その結果、諦めなかったからこそ達成できたことも多いでしょう。

そしてまた一つうまくいったことが自分の自信へと繋がります。

まさにプラスの連鎖ですね。

反対に何もかもうまくいかない時は、自分の気持ちがとてもマイナスになっている時です。

結果が出る前に「どうせ・・」という気持ちが働いて諦めてしまうのです。

もう少し頑張ればできたことも、頑張る前に意味がないからとやめてしまうのです。

どんな時でも諦めるのは全力を出し切ってからでないと、本当にうまくいかないことだったのかどうかがわかりません。

自ら負の連鎖を導いてしまっているのです。

2. 自分に自信がない

同じことがあっても、自分に自信がある人と自分に自信がない人とでは感じ方に大きな違いがあります。

例えば、好きな人からLINEの返事がこない!という場合を考えてみましょう。

自分に自信がある人は、LINEの返事がこないのは相手が忙しいからか、連絡が苦手な人だから仕方ないと考えるでしょう。

自分が拒否られているという発想はないのです。

そのため返事がこなくても恋愛がうまくいっていないなんて考えにはなりません。

一方で自分に自信がない人は、同じように返事がこない時に、自分なんかが連絡して迷惑で拒否をされたのだと落ち込むでしょう。

LINEの返事が数日こないだけで、恋愛もうまくいっていないという考えになります。

同じことでも捉え方次第で、良くも悪くも変わります。

自分に自信がないと、なんでも悪い方へと捉えてしまう傾向が強いため、うまくいっていないように感じてしまうのです。

3. 成功したことがない

成功したことがない人は、成功のイメージがつきません。

また自分が成功するという自信もありません。

そうすると勝手に「成功するはずがない」と自分を否定するように決めつけてしまうのです。

そしてその思い込みが成功を遠ざけていくのです。

成功するはずがないと思って挑んだことは、その途中で一度立ち止まるともうゲームオーバー。

「ほら、やっぱり」と自分に言い訳をして引き返してしまいます。

成功の経験があり、成功することのイメージができていれば、途中で立ち止まってもまた進んでいけるものです。

なぜならその先にゴールがあることを知っているからです。

成功したことがないことを、何もかもうまくいかないことの言い訳にしてしまっているのかもしれません。

4. マイナス思考の癖が付いている

マイナス思考というのは、ある物事に対して現実よりも悪いことを考えてしまいます。

ゼロではなく、マイナスの思考なのです。

毎日生活をしていると、うまくいくこともあればうまくいかないこともあります。

それでプラマイゼロ。

たまにはうまくいくことが多い日もあれば、うまくいかないことが多い日があるものなんです。

マイナス思考の癖がついていると、日常のうまくいかなったマイナス部分にしか焦点が当てられないのです。

今日はこれとあれとそれがダメだった。

やっぱり自分はダメなんだ。

何をしてをうまくいかない人間なんだ。

そう思い込んでしまうのです。

しかし本当はその日常の中でうまくいっていることも同じくらいあるはずです。

風邪をひかずに健康でいられて、お弁当の卵焼きが上手に焼けて、遅刻せずに会社に行けて・・小さなことでも毎日うまくいっていることもたくさんあるんです。

ただそこにスポットが当たらないだけ。

それがマイナス思考の人がうまくいかないことばかりだと考えてしまう原因です。

5. 人生を楽しんでいない

今、あなたは人生を楽しんでいますか?
生活の中で嬉しいことや辛いことや、ちょっとした変化が起こることがあります。

それらを全部含めて、変化を楽しめる人は人生を楽しめている人。

変化から逃げてしまう人は人生を楽しんでいない人です。

変化が起きた時に、それを受け入れることができずに逃げてしまうと、何も好転していきません。

逃げっぱなしではうまくいくことなんてないのです。

「人生こんなもの」「こんなことになって最低」そうやって楽しむことができずにネガティブに感じてしまうことが何もかもがうまくいかない原因となるのです。

6. 常に受け身である

全ての行動が、常に受け身でしかない人がいます。

自分で考えて行動をすることはなく、他人からの発信に対してアクションを起こすだけの人です。

このような受け身である人は、いつも他人任せであり、他人に依存してしまう傾向があります。

そしてうまくいかないことも他人のせいにしてしまうのです。

しかしうまくいかないのは、あなたに物事を発信している周りの人のせいではありません。

自分で何も行動を起こすことができないあなた自身に問題があります。

本当はやりたいことや言いたいことがあっても、実際やらなければ何の意味もありません。

受け身でいるだけでは、自分で何かを成し遂げる喜びを味わうこともできません。

それがうまくいかないという悲観的な考えへと導いてしまうのです。

7. 人を信用できない

人を信用できない場合、その人の真意や裏を探ろうとしてしまいます。

「あなたは仕事ができるから、次の会議はプレゼンをお願いしよう」と言われたとします。

素直にこの言葉を信用することができれば、仕事で認められてチャンスまでもらえた!と嬉しくなるような出来事です。

しかし人も信用できない人はこの言葉を素直に受け取ることはしません。

わざわざ大切な会議のプレゼンをお願いしてくるなんて・・どんな意図があるのだろう。

もしかして失敗して恥をかかせる気なのかもしれない。

そんな風に勘ぐって悪い方向に解釈しようとします。

人を信用できないということは、良い出来事さえも悪い出来事に変えてしまうのです。

8. すぐ人と言い争いになる

すぐ人と言い争いになってしまう・・そんな心当たりのある人は、エゴが強い人なのだと思います。

「自分が」「自分が」「自分が」といつでも自分の考えや思いが先行してしまうのでしょう。

そしてそれを人に否定されたり反論されることが嫌で口論になってしまうのです。

エゴが強い人は自信家のように思われますが、本当は人一倍自信がない人なんです。

その自信のなさの反動でエゴが強くなり、どうにかして自分の意見を通そうと必死になってしまうのです。

しかしそんな人生ではうまくいかないことだらけになるのも当然です。

いつでも敵意むきだしにしているような人では、誰もあなたに協力をしてくれることはなくなります。

またどうせアドバイスをしても反論されるからと、誰も何も言ってくれなくなります。

素直に聞き入れれば成功していたこともエゴを押し通すことで失敗してしまいます。

人と言い争いをしてばかりの人生に良いことはありません。

もっと自分にも自分にも心を開いて素直にならなくてはいけないのです。

9. 想像力が足りない

想像力が足りないと、将来のことや人の気持ちなど全てのことを想像をすることができません。

何かを始める時にも、人はまずそのゴールと道のりを想像します。

そこで考えられる障害や失敗も想像しながら進むのです。

それができないと、その都度全てのことが想定外となり前に進めなくなってしまうのです。

そのために何もかもうまくいかなくなってしまいます。

全て「こんなはずじゃなかった」「こんなことがしたいわけじゃなかった」と想像できないことが起こり、そこで立ち止まって動けなくなるのです。