世の中には様々なタイプの人間が居ます。

同じ性別・同じ年代であったとしても背格好も正確もまるで違います。

それを人間の個性と呼ぶのでしょう。

最近話題のAIのように、自由自在に顔を変える事が出来ないからこそ、人間としての良さを感じる事が出来るのかもしれません。

しかし、その中には自分の個性を前向きに捉える事が出来ない方も居ます。

性格的な個性であれば一見すると分かりませんが特に身体的な個性は場合によってはコンプレックスとなってしまう事もあるでしょう。

特に、女性の場合はそのコンプレックスによって性格まで変わってしまう事もあるのです。

人から見れば何てことない特徴も、本人からしたら大きなものと言う可能性も否定出来ません。

相手の気持ちに立って考える事が出来るかどうかでお互いの関係性も大きく変わって行く事でしょう。

是非その事を念頭に入れて行動する事をおすすめ致します。

顔のでかい人が困ること25選!

人には様々な特徴があります。

身体的な特徴だけでも、背の高さ・体つき・手足の長さなど様々なものがあります。

それらは全て、『個性』として捉える事が出来ます。

カッコイイ人も居れば、そうでない人もいる。

モデルの様に手足が長い人も居ればそうでない人も居る。

整っている事が良い事の様に考えられがちですが、人にはそれぞれ好みがあります。

必ずしも皆が同じ顔を好きだとは限りません。

自分に与えられた個性をいかに自分の物にする事が出来るかどうかが重要なのです。

とはいえ、人にはいろいろな考え方があります。

『その特徴も個性の一つ』と言われた所で、なかなか納得する事が出来ないという方も居るでしょう。

特に、女性の場合は見た目への執着が男性より強い事もあり、より大きく捉えられがちです。

その中でも特に女性を困らせているのが顔の大きさです。

顔は第一印象を決める重要なポイントです。

その顔が大きい事によってイメージが大きく変わってしまう場合があります。

また、自分の顔に自信が持てず暗い気持ちになってしまう事だってあるでしょう。

こんかいはそんな『顔が大きい』人の体験してみなければ分からない、苦労についてご紹介させて頂きます。

野球の授業でヘルメットが入らない

女性はあまり経験が無いかもしれませんが、体育の授業で野球を行う場合があります。

その際、もしもの時に備えてヘルメットを着用します。

そのヘルメットが顔が大きいと入らないと言う事があります。

顔が大きいと言う事は、その上の頭が大きいと言う事も良くある話です。

その為、ヘルメットが入らないと言う事も珍しい事では無く、十分考えられる出来事なのです。

本来であれば、ヘルメットなどの道具は様々なサイズがあるのが当たり前です。

その為、自分にあったサイズの物を選べばいいのです。

その為、その差を周りに気が付かれる事はあまりありません。

しかし、学校の場合は違います。

平均的なサイズとして多くの人が一緒に使う事が出来るものが容易されています。

その為、時にヘルメットが入らないという事件が発生します。

幼い頃は、大人が思ってる以上に子供は残酷です。

時に、酷い言い方をされる事があるかもしれません。

しかし、そんな事は気にする必要はありません。

頭が大きいと言う事はそれだけ賢くなるのかもしれません。

そんな風に上手くあしらい、身の無いからかいは無視するようにしてください。

合う帽子がない

顔が大きい人は大抵の場合、頭が大きいと言われています。

頭と顔は繋がって居るので、当たり前と言えば当たり前かもしれません。

世の中には、沢山の種類の帽子があります。

それらを自分の好みや、ファッションに合わせてチョイスする事はとてもオシャレであり、オシャレ上級者として一目おかれるかもしれません。

しかし、ここで問題が発生します。

と言うのも、帽子は主にフリーサイズで販売されて居るからです。

子供の場合は、年齢に合わせて選ぶ事が出来るようにサイズに幅があります。

しかし、大人の場合はそういった配慮がありません。

その為、どんなにお気に入りのデザインを見つける事が出来たとしても、実際に自分で被る事ができなければ何の意味もありません。

また、帽子単体で見ると素敵なのに被ってみるとおかしいと言うのもよくあるお話です。

帽子に対して、顔の大きさが大きすぎるとバランスがおかしくなってしまうのです。

その為、帽子の良さを出す事が出来ないという難点も考えられます。

本来なら、大人も、様々なサイズを販売して欲しい所です。

しかし。コスト的な観点からもそれは難しいのかもしれません。

ですので、顔が大きい人がもしお気に入りの帽子を見つけたとします。

その際は、迷う事無く購入してください。

他の人に比べ、似合う物に出会う事が出来るチャンスが少ない顔デカさんは一つのチャンスを逃してはいけません。

マスクの面積が足りない

冬から春にかけて、街中にはマスクを付けて居る方をよく見かける様になります。

花粉やインフルエンザなど様々な物から身を守る為にはとても重要なアイテムです。

マスクをする事により、これらの危険性を少し下げる事が出来ると言われています。

その為、大人から子供まで幅広い年代の方がマスクを愛用しています。

また、最近では女性のすっぴん隠しとしても活用されています。

化粧をしていない顔を他の方に見られないようにガードするのです。

最近では、マスクが無いと落ち着いて行動する事が出来ないと言う人が現れる程、マスクに依存する人が増えて居るとも言われており、社会問題になっている程です。

さて、そんなマスクですが一般的にサイズが3種類あります。

レギュラー・レディース・キッズ用です。

この際、自分に合ったサイズを着用していないと、マスクから顔がはみ出てしまう事があります。

その為、余計に顔が大きく見えてしまう場合があるのです。

同じレギュラーサイズであったとしても、メーカーによって大きさやサイズ感に多少の差があります。

その為、自分に合うサイズのメーカーを探す為にいろいろと探して見る事をおすすめします。

また、最近では小顔に見えるマスクという物も販売されています。

あえて大きめに作る事で顔を小さく見せるという方法が取られています。

そんな物もありますので、マスクは付けたいけれど顔が大きいから苦手だと言う人も、諦めずに使用してみてはいかがでしょうか。

イジられる

子供は、大人より残酷な時が多々あります。

それは、まだ相手の感情を考える能力が未発達であり、その能力は様々な経験を積む事で初めて自分のものにする事が出来ます。

その為、大人から見ると、なんでそんなひどい事を言うんだ!と思うような内容でも本人達にしてみれば、さほど悪気なく発言している場合があるのです。

その中には、身体的な特徴をからかって来る場合もあるでしょう。

子供は人と違うと言う事に対して敏感です。

純粋に『どうして?』と思ってしまうものなのです。

その為、普通なら言わないような事も平気で口に出す事もあるでしょう。

言っている本人は、さほど気にしていなくとも言われて居る本人はとても傷ついてしまうと言う事だってあるでしょう。

特に『顔が大きい』と言う事をいじられたりしてしまっては、元気が出ずに笑顔が消えてしまう事だってあるかもしれません。

顔の大きさは、自分ではどうする事も出来ません。

その為、どうする事も出来ない事を言われる事で、嫌な思いをする事もあるでしょう。

しかし、どうする事も出来ない事を悩む事は時間の無駄です。

それよりも、自分に出来る事を探し他の努力で自分の魅力を上げる事の方がよっぽど建設的です。

部屋狭くね?と言われる

顔が大きい人は、時に芸人の様に話を振られる事もあるでしょう。

特に、フジワラの藤本さんが鉄板ネタにしている『顔でかいからや!』と言うセリフは、様々なシーンで応用する事が出来ます。

その為、学生時代などに散々やらされた方も居るのではないでしょうか。

その場の乗りとして話を振られた場合、無視するわけにはいかない場面もある事でしょう。

しかし、一度やってしまうと、何度も同じ事をやらされる可能性もあります。

自分の顔の大きさをコンプレックスに感じている人にとってはそれは辛い事かもしれません。

特に女性の場合は嫌でしょう。

面白い事として、その場の雰囲気が出来てしまうとなかなか断る事が出来ません。

それによって空気を悪くする事もあるでしょう。

しかし、だからと言ってなんでも感でも受け入れる必要はありません。

自分が嫌だと感じたら、嫌だと言ったって良いのです。

なんでも受け入れる事が優しさとは限りません。

自分の意見をしっかりと持ち相手に伝える事が出来る事も生きていく上で、重要なスキルと言えるでしょう。

ファンデーションが多く必要

顔が大きい事は、外観的にマイナスなイメージがあります。

しかし、外観的なマイナス以外にも様々な不便さを感じる事があります。

例えば、女性はある程度の年齢になると化粧をする様になります。

この際、顔が小さい人に比べると大きい人の方が多くの化粧品を必要とします。

その為、とても不経済なのです。

そんな大げさなと感じる人も居る事でしょう。

しかし、大げさでは無いのです、ファンデーションや日焼け止めは勿論、乳液や化粧水などありとあらゆるものが多く必要です。

最初はチョットした差かもしれません。

しかし、それが蓄積して行く事でより大きな差としてのしかかってくるのです。