世の中には様々なタイプの人間が居ます。

同じ性別・同じ年代であったとしても背格好も正確もまるで違います。

それを人間の個性と呼ぶのでしょう。

最近話題のAIのように、自由自在に顔を変える事が出来ないからこそ、人間としての良さを感じる事が出来るのかもしれません。

しかし、その中には自分の個性を前向きに捉える事が出来ない方も居ます。

性格的な個性であれば一見すると分かりませんが特に身体的な個性は場合によってはコンプレックスとなってしまう事もあるでしょう。

特に、女性の場合はそのコンプレックスによって性格まで変わってしまう事もあるのです。

人から見れば何てことない特徴も、本人からしたら大きなものと言う可能性も否定出来ません。

相手の気持ちに立って考える事が出来るかどうかでお互いの関係性も大きく変わって行く事でしょう。

是非その事を念頭に入れて行動する事をおすすめ致します。

顔のでかい人が困ること25選!

人には様々な特徴があります。

身体的な特徴だけでも、背の高さ・体つき・手足の長さなど様々なものがあります。

それらは全て、『個性』として捉える事が出来ます。

カッコイイ人も居れば、そうでない人もいる。

モデルの様に手足が長い人も居ればそうでない人も居る。

整っている事が良い事の様に考えられがちですが、人にはそれぞれ好みがあります。

必ずしも皆が同じ顔を好きだとは限りません。

自分に与えられた個性をいかに自分の物にする事が出来るかどうかが重要なのです。

とはいえ、人にはいろいろな考え方があります。

『その特徴も個性の一つ』と言われた所で、なかなか納得する事が出来ないという方も居るでしょう。

特に、女性の場合は見た目への執着が男性より強い事もあり、より大きく捉えられがちです。

その中でも特に女性を困らせているのが顔の大きさです。

顔は第一印象を決める重要なポイントです。

その顔が大きい事によってイメージが大きく変わってしまう場合があります。

また、自分の顔に自信が持てず暗い気持ちになってしまう事だってあるでしょう。

こんかいはそんな『顔が大きい』人の体験してみなければ分からない、苦労についてご紹介させて頂きます。

野球の授業でヘルメットが入らない

女性はあまり経験が無いかもしれませんが、体育の授業で野球を行う場合があります。

その際、もしもの時に備えてヘルメットを着用します。

そのヘルメットが顔が大きいと入らないと言う事があります。

顔が大きいと言う事は、その上の頭が大きいと言う事も良くある話です。

その為、ヘルメットが入らないと言う事も珍しい事では無く、十分考えられる出来事なのです。

本来であれば、ヘルメットなどの道具は様々なサイズがあるのが当たり前です。

その為、自分にあったサイズの物を選べばいいのです。

その為、その差を周りに気が付かれる事はあまりありません。

しかし、学校の場合は違います。

平均的なサイズとして多くの人が一緒に使う事が出来るものが容易されています。

その為、時にヘルメットが入らないという事件が発生します。

幼い頃は、大人が思ってる以上に子供は残酷です。

時に、酷い言い方をされる事があるかもしれません。

しかし、そんな事は気にする必要はありません。

頭が大きいと言う事はそれだけ賢くなるのかもしれません。

そんな風に上手くあしらい、身の無いからかいは無視するようにしてください。

合う帽子がない

顔が大きい人は大抵の場合、頭が大きいと言われています。

頭と顔は繋がって居るので、当たり前と言えば当たり前かもしれません。

世の中には、沢山の種類の帽子があります。

それらを自分の好みや、ファッションに合わせてチョイスする事はとてもオシャレであり、オシャレ上級者として一目おかれるかもしれません。

しかし、ここで問題が発生します。

と言うのも、帽子は主にフリーサイズで販売されて居るからです。

子供の場合は、年齢に合わせて選ぶ事が出来るようにサイズに幅があります。

しかし、大人の場合はそういった配慮がありません。

その為、どんなにお気に入りのデザインを見つける事が出来たとしても、実際に自分で被る事ができなければ何の意味もありません。

また、帽子単体で見ると素敵なのに被ってみるとおかしいと言うのもよくあるお話です。

帽子に対して、顔の大きさが大きすぎるとバランスがおかしくなってしまうのです。

その為、帽子の良さを出す事が出来ないという難点も考えられます。

本来なら、大人も、様々なサイズを販売して欲しい所です。

しかし。コスト的な観点からもそれは難しいのかもしれません。

ですので、顔が大きい人がもしお気に入りの帽子を見つけたとします。

その際は、迷う事無く購入してください。

他の人に比べ、似合う物に出会う事が出来るチャンスが少ない顔デカさんは一つのチャンスを逃してはいけません。

マスクの面積が足りない

冬から春にかけて、街中にはマスクを付けて居る方をよく見かける様になります。

花粉やインフルエンザなど様々な物から身を守る為にはとても重要なアイテムです。

マスクをする事により、これらの危険性を少し下げる事が出来ると言われています。

その為、大人から子供まで幅広い年代の方がマスクを愛用しています。

また、最近では女性のすっぴん隠しとしても活用されています。

化粧をしていない顔を他の方に見られないようにガードするのです。

最近では、マスクが無いと落ち着いて行動する事が出来ないと言う人が現れる程、マスクに依存する人が増えて居るとも言われており、社会問題になっている程です。

さて、そんなマスクですが一般的にサイズが3種類あります。

レギュラー・レディース・キッズ用です。

この際、自分に合ったサイズを着用していないと、マスクから顔がはみ出てしまう事があります。

その為、余計に顔が大きく見えてしまう場合があるのです。

同じレギュラーサイズであったとしても、メーカーによって大きさやサイズ感に多少の差があります。

その為、自分に合うサイズのメーカーを探す為にいろいろと探して見る事をおすすめします。

また、最近では小顔に見えるマスクという物も販売されています。

あえて大きめに作る事で顔を小さく見せるという方法が取られています。

そんな物もありますので、マスクは付けたいけれど顔が大きいから苦手だと言う人も、諦めずに使用してみてはいかがでしょうか。

イジられる

子供は、大人より残酷な時が多々あります。

それは、まだ相手の感情を考える能力が未発達であり、その能力は様々な経験を積む事で初めて自分のものにする事が出来ます。

その為、大人から見ると、なんでそんなひどい事を言うんだ!と思うような内容でも本人達にしてみれば、さほど悪気なく発言している場合があるのです。

その中には、身体的な特徴をからかって来る場合もあるでしょう。

子供は人と違うと言う事に対して敏感です。

純粋に『どうして?』と思ってしまうものなのです。

その為、普通なら言わないような事も平気で口に出す事もあるでしょう。

言っている本人は、さほど気にしていなくとも言われて居る本人はとても傷ついてしまうと言う事だってあるでしょう。

特に『顔が大きい』と言う事をいじられたりしてしまっては、元気が出ずに笑顔が消えてしまう事だってあるかもしれません。

顔の大きさは、自分ではどうする事も出来ません。

その為、どうする事も出来ない事を言われる事で、嫌な思いをする事もあるでしょう。

しかし、どうする事も出来ない事を悩む事は時間の無駄です。

それよりも、自分に出来る事を探し他の努力で自分の魅力を上げる事の方がよっぽど建設的です。

部屋狭くね?と言われる

顔が大きい人は、時に芸人の様に話を振られる事もあるでしょう。

特に、フジワラの藤本さんが鉄板ネタにしている『顔でかいからや!』と言うセリフは、様々なシーンで応用する事が出来ます。

その為、学生時代などに散々やらされた方も居るのではないでしょうか。

その場の乗りとして話を振られた場合、無視するわけにはいかない場面もある事でしょう。

しかし、一度やってしまうと、何度も同じ事をやらされる可能性もあります。

自分の顔の大きさをコンプレックスに感じている人にとってはそれは辛い事かもしれません。

特に女性の場合は嫌でしょう。

面白い事として、その場の雰囲気が出来てしまうとなかなか断る事が出来ません。

それによって空気を悪くする事もあるでしょう。

しかし、だからと言ってなんでも感でも受け入れる必要はありません。

自分が嫌だと感じたら、嫌だと言ったって良いのです。

なんでも受け入れる事が優しさとは限りません。

自分の意見をしっかりと持ち相手に伝える事が出来る事も生きていく上で、重要なスキルと言えるでしょう。

ファンデーションが多く必要

顔が大きい事は、外観的にマイナスなイメージがあります。

しかし、外観的なマイナス以外にも様々な不便さを感じる事があります。

例えば、女性はある程度の年齢になると化粧をする様になります。

この際、顔が小さい人に比べると大きい人の方が多くの化粧品を必要とします。

その為、とても不経済なのです。

そんな大げさなと感じる人も居る事でしょう。

しかし、大げさでは無いのです、ファンデーションや日焼け止めは勿論、乳液や化粧水などありとあらゆるものが多く必要です。

最初はチョットした差かもしれません。

しかし、それが蓄積して行く事でより大きな差としてのしかかってくるのです。

顔の大きさは、メスを入れでもしない限り小さくする事は出来ません。

見た目であれば様々な工夫によってカバーする事が出来ますが、この場合はどうする事も出来ないでしょう。

その為、経済的な面からも顔が大きい事で不便を感じる事があります。

2ショットが嫌

顔が大きい人は、様々な工夫をしています。

実際、髪型や服装を気を付ける事で、錯覚的に顔の大きさをカバーする事が出来るでしょう。

しかし、写真は真実を映します。

その為、普段何とかごまかしている顔の大きさが如実に分かってしまうのです。

また、顔が小さい人の隣に並ぶ事で例え普通の大きさの顔であったとしても無駄に大きく見えてしまう可能性もあるのです。

その為、人によっては写真の角度や距離などとてもこだわり、自然な姿で撮られる事を嫌がる方がいます。

人と比べられ、自分を下に見られる事を嬉しいと思う人は居ません。

その為、自分自身を守る為にそういったこだわりを持つ事もあるでしょう。

しかし、あまり強いこだわりがあるとかえって周りの人に顔の大きさに注目させるきっかけとなってしまいます。

その為、なんでもいい塩梅が必要です。

他人に気を使わせる事が無い程度に、自分のこだわりを貫いていきましょう。

自分より顔の大きな人に出会った時安心する

いつもいつも、決まった人と居ると自然とお互いの立ち位置が分かってきます。

彼女より自分の方がスタイルが良い。

あいつよりは、自分はいい会社に働いている。

本当の友人だとしても、必ずどこかで自分と相手を比べてしまう時があるでしょう。

それは人間の性格上ある程度仕方がない部分ではあります。

そんな出来上がっている世界に、突如として新しい人が入ってきたらどうでしょうか。

例えば、顔が大きい事で悩んでいる人が居るとします。

その人が自分よりも顔の大きな人に出会ったとしたらどう思うでしょうか。

きっと嬉しいと感じてしまう事でしょう。

人は、自分より下の人を見ると安心すると言う腹黒い部分を持ち合わせています。

それは悪い事だとも言い切る事が出来ず、ある程度は仕方の無い事なのかもしれません。

顔が大きい事を一番気にしているのは、普段ネタにしてくる友人達では無く、自分自身なのかもしれません。

その事への執着を取り除く事が出来たら、自分自身にもっと自信を持って過ごす事が出来るのでは無いでしょうか。

舞台顔だねと反応に困る褒め言葉を言われる

相手の事を感が、優しくしたつもりがかえって相手を傷つける事になってしまう事もあります。

この『舞台映えする顔だね』と言うセリフもその一つです。

舞台では、TVなどとは違い寄ってみる事が出来ません。

その為、顔が大きいほど見やすい事もあり舞台に立つ人は顔が大きい方が良いと言われています。

しかし、それはあくまでも舞台に立つ話です。

通常生活している中で、舞台に立つ機会はまず殆ど無いでしょう。

その為、『舞台映えする顔だね』と言われても嬉しいと感じる事は少ない、なんと反応したら良いのか分からなくなってしまいます。

舞台映え=顔が大きいねと相手に直接言っていると言う事を忘れては行けません。

それによって、相手が傷ついて居る事があるかもしれません。

こちらとしては本気の褒め言葉だとしても、人によってはそう捉える事が出来ない場合もあると言う事を良く念頭に入れておいてください。

そうした配慮をする事が出来ないと、無駄な人間関係のトラブルを引き起こします。

自信が持てなくなる

顔が大きい事を何度もネタにされ、からかわれた経験がある方は自然と自分に自信を持つ事が出来なくなってしまいます。

しかし、それでは相手の完成の思うつぼです。

自分の事を一番分かってあげる事が出来るのは自分自身では無いでしょうか。

例え、相手に顔が大きい事をいじられたとしても、そこを気にする必要は無いのです。

人は時に残酷です。

その為、いじわるな人に出会い嫌味を言われる事で傷つく事もあるでしょう。

しかし、その事をいつまでも気にしていては自分自身の人生が勿体無いとは思いませんか?

限られた時間の中で、いかに楽しい日々を過ごす事が出来るかどうかが重要なのです。

人の価値観はあくまでも他人が決める事であり、それが全てではありません。

そんな考え方もあるんだなと受け流し、自分は自分の良さをしっかりと心に留めておきましょう。

自分の事を一番知っているのは自分です。

その為自分を信じてあげる事が出来るのもまた自分自身なのです。

他人の評価など放っておきましょう。

顔がでかい芸能人といえば?

顔が大きいと言われている人は、芸能人の中にも沢山います。

お笑い芸人の方も居れば、中には女優さんだっているのです。

日本はどうしても、皆顔が小さく体が細いモデル体系であればある程素晴らしいと言う考え方が根強くあります。

しかし、自分自身の良さを出しそれぞれが似合う服装を楽しんでいるのであれば誰もが皆素敵な素敵な姿になる事が出来るのです。

自分の顔の大きさに悩んでいる方は、彼らの服装などを参考にして自分に合う物を探すヒントにしてみてはいかがでしょうか。

藤本敏史さん

顔が大きい芸能人として、多くの方がとっさに思い出すのが彼なのではないでしょうか。

と言うのも、藤本さんは、自身の顔の大きさをネタとして『顔デカいからや!!』と言うセリフをよくバラエティー番組などで言って、笑いを取っています。

その為、その印象が強く顔が大きいと認識されています。

お笑い芸人としては、そこで笑いを取る事が出来るのであれば嬉しいチャーミングポイントなのかもしれません。

しかし、実は藤本さんは誰よりも美意識が高いと言われており自分の『不細工』と言われている顔に相当なコンプレックスを抱えています。

その為、今の様にギャグに出来る程吹っ切れる前は、プチ整形を繰り返すなどしていた事も知られています。

彼を変えてくれたのは、モデルでもある奥さんの木下優樹菜さんの存在が大きいのかもしれません。

彼女と結婚し、お子さんが産まれた事もあり自分自身に自信を持つ事が出来たのかもしれませんね。

モデルの奥さんと並ぶと、その顔の大きさはより強調されます。

奥さんからも度々いじられており、本来だったら落ち込む所かもしれません。

しかし、そんないじりさえも、今の幸せがあるからこそ笑いに変える事が出来るのでしょう。

山崎弘也さん

彼も、顔がとても大きい事で知られています。

しかし、そんな事を全く気にしていないかのような明るい性格が彼の持ち味です。

人の話を効かずにドンドン自分のペースに引き込んでいく力があります。

本来であればウザがられてしまいそうですが、彼の底抜けに明るい性格と実は気配りの出来る性格が嫌味になる事無く多くの人に受け入れられています。

彼にそっくりな女性芸人として、フォーリンラブのバービーが良く紹介されています。

化粧を取ると二人はまさ瓜二つ。

女性であるバービーは、顔が大きい事をいじられる事を嫌がってはおりますが、男性関係も激しい彼女はさほど気にしている素振りはありません。

例え、どんなに顔が大きくとも自分に自信があればそれは魅力として自分自身を輝かせる事が出来るのです。

それを身を持って署名してくれて居るのが、山崎さんです。

土屋太鳳さん

朝ドラで一躍人気となった女優さんです。

彼女も顔が大きいと言われています。

最近は、女優さんでも、モデル並みに顔が小さい方が多くいます。

その為、その方型と比べると顔が大きく見えてしまう場合もあるのかもしれません。

しかし、TVを通して見ると人の体はどうしても丸く見えてしまうそうです。

その為、実際より太って見えてしまって居る場合も多々あるそうです。

その為、彼女の場合は平均的な大きさなのにも関わらず、大きく見えてしまって居るとも考えられます。

一見大人しそうな女性ですが、実は体育大学に通っている程のアクティブで男勝りな性格だと言う事も知られています。

そんな彼女は、バラエティー番組などに出る場合とても丁寧に話をします。

これは体育会系ならではの礼儀の正しさなのかもしれません。

しかし、同年代の女性達から見るとその姿が『猫を被っている』と批判されてしまう場合もあります。

また、熱愛報道が合った俳優さんは今の女子中高生に高い人気を誇っている方でもあります。

その為、そんな事もふまえ、やっかみから悪口を言われて居る場合もあるのかもしれません。

女性の嫉妬程怖い物はありません。

女優としても、確かな実力を持っている方なので周りの心無い意見を気にする事無く自分の魅力を磨いて言って欲しいと思います。

キンタロー。さん

元AKB48の絶対的エースで合った前田敦子サンの物まねで一躍大人気となった芸人さんです。

前田敦子さんとは似ても似つかない姿で、短い手足と大きな顔をバタバタさせて踊る切れ切れのダンスが人気となりました。

元々社交ダンスをやっていた彼女は、ダンスの基礎はばっちり。

その為、そのアンバランスな体系とそれに似つかわしくないダンスのスキルが、お笑いのポイントとして評価されました。

彼女の場合、顔の大きさは勿論ですが背が低かった事や手足の長さなどがありより顔を大きく見せて居ると言えるでしょう。

そんな彼女も、最近めでたくご結婚されました。

芸人として多くの人々を笑わせていた彼女ですが、結婚式に向けて美しい姿になる為にダイエットを決行。

ブログにアップされたウエディングドレス姿は大変美しく幸せいっぱいの姿を見せてくれていました。

普段は、お笑い芸人として多くの方を笑わせて居る彼女も一人の女性である事には変わりないんですね。

顔が大きい方もダイエットをする事で印象を大きく変える事が出来ます。

バービーさん

アンタッチャブルの山崎さんと兄弟なのでは無いかと思わせる程の、そっくりな見た目をしているのかバービーさんです。

顔が大きい事で知られて居る山崎さんとそっくりなのですから、彼女もまた顔が大きいのです。

しかし、そんな事を全く気にしている様子はありません。

彼女はとても美意識が高く、様々な美容法を試しています。

その為、努力しているからこそ自分に対して強い自信を持っているのです。

奇抜なファッションを好みレディーガがの姿を真似して居る姿を何度もTVで拝見しています。

更に、彼女はオシャレだけではなく男性関係も奔放です。

恋愛対象は、日本国内にとどまる事無く世界中の人が対象です。

ワンナイトラブも珍しいい事でも無く、独身貴族として今の時間を楽しんでいます。

他人から見れば顔が大きい事で、ネタに扱われる事もあります。

芸人さんなので、ブスと言われる事もあるでしょう。

しかし、そんな他人の評価などは気にする必要はありません。

自分自身が自分を愛し、自信を持つ事が出来ればそれで良いのです。

絶対的な自信を持っている彼女は潔く、カッコイイです。

木村拓哉さん

先日解散報道が話題となっていた、元国民的アイドルです。

彼はカリスマ的存在でありながら、そのワンマンな印象から熱烈なファンも居れば、アンチも居ると言う人気者ならではの苦労を抱えて居る人です。

その為、アンチな人の中には、『顔が大きいい』『足が短い』『演技がいつも同じ』など様々ないちゃもんを付けています。

確かに、彼の役はいつもどこか似た印象です。

しかし、それはTV局がそういった姿の彼を求めているからなのかもしれません。

また、背がさほど高くない事もあり、足が短く見えたり顔が大きく見えるのかもしれません。

今時の若い子たちは、9頭身が当たり前のようにゴロゴロしています。

そんな方々が多く所属する事務所に居るからこそ、その姿が話題になる事もあるでしょう。

しかし、彼もれっきとしたおじさんです。

いつまでも見た目にこだわりアイドルとして生きていく事は出来ないでしょう。

アンチな意見も全て受け入れて、自分自身の味を出す事が出来るかどうかが重要なポイントなのでしょう。

グループを離れた彼が、どうなって行くのかが今後面白いポイントなのかもしれませんね。

真矢みきさん

真矢みきさんは、現在お昼の帯番組をやっています。

その為、アナウンサーの印象が強く持たれて居るかもしれません。

しかし、彼女は元々アナウンサーなどではありません。

熱狂的なファンが多く居る事でも知られて居る宝塚歌劇団の男役トップスターです。

宝塚歌劇団に男性は居ません。

全てが女性ですが、男役・女役に別れて様々な演目を行います。

ば倍率が高く、超難関高校としても知られて居る高校に入り卒業後にいくつかのグループに割り振られていきます。

多くの人が居る中で、そこでトップ男優になる事が出来るのはほんの一握りです。

その為、彼女の素晴らしさはわざわざ説明しなくても分かって頂けるのでは無いでしょうか。

宝塚は、舞台です。

その為、顔が大きい方が舞台映えすると言われています。

その為、顔が大きい事が全てマイナスになるとは限りません。

同じように、男役として人気のあった天海祐希さんも顔が大きいと言われています。

仕事によっては、顔が大きい事が良い事になる事もあります。

その為、顔が大きい事に大きなコンプレックスを抱えて居る方は、考え方を変えるだけでずっと心が軽くなる場合があるかもしれません。

城田優さん

彼はスペイン人と日本人のハーフです。

背がとても高い事でも知られており、確かに顔は大きいですがその分手足も長く全体的に大きいと言う印象です。

その為、顔の大きさは彼の姿にマッチしていると言えるのでは無いでしょうか。

また、TVドラマは勿論ですが彼は舞台俳優としても様々な作品に参加しています。

舞台はTVとは違い、映像を寄りで見る事が出来ません。

その為、観客に臨場感を伝える為には顔の大きさも大事なポイントとなります。

その為、いわば顔が大きい事は俳優としては武器になるのです。

芸能界と言っても様々な職種があります。

その為、全員が全員顔が小さければ良いと言うものではありません。

大きいからこそ、ピッタリな仕事と言うものが世の中には存在しているのです。

顔がでかいのも1つの個性!気にしすぎないで!

『顔が大きい』と言う事はどうしてもマイナスなイメージに考えられてしまいます。

確かに、顔が大きいいと言われるよりは顔が小さいと言われた方が褒め言葉として素直に喜ぶ事が出来るかもしれません。

しかし、全員が全員顔が小さければ良いと言うものでは無いかもしれません。

それぞれの体のバランスに合わせ、大き目の方がいい人も居れば小さい方が良い人も居るのです。

人はつい、他人と比べてしまう生き物です。

ですが、自分の魅力は誰かと比べるものではありません。

自分自身の中にある基準と比べ、より良い自分を目指して自分磨きを行っていけば良いのです。

今まで顔が大きい事で、様々な面で苦労を感じてきた方も居る事でしょう。

中には人にからかわれる事で、自信を無くしおしゃれを楽しむ事が出来なくなってしまった方も居るかもしれません。

人生は一度きりです。

自分の人生を決めるのは他人では無くあなたなのです。

せっかく今を生きているのに、他人からの評価で暗い気持ちになってしまう事はとても勿体無い事なのです。

自分に自信を持っている人は、それだけで魅力的です。

他人になんと言われようと気にする必要はありません。

自分が良いともう用に生きていきましょう。

顔が大きい事で感じる不便さは、他のポイントでカバーして行けば良いのです。