性格とはその者の性質を表します。

生きていると色んな性格の人との出会いがあります。

また自分の性格は何かと分析をしたこと、ありますか?

あなたはどんな性格になりたいですか?

人間の性格っていろいろありますよね

自分の性格を把握することで、自分と向き合い、見つめ直すチャンスがうまれます。

また相手の性格を知ることができれば、もっと付き合いやすくなるかもしれません。

世の中には良い人と悪い人もいます。

そんな人たちと上手く付き合っていくためには、性格を把握しなくてはいけません。

初対面だと、どんな性格か分からないかもしれませんが、性格は顔に出ます。

これから、色んな性格を紹介していきますね!

あなたはどのタイプ?大まかな性格4つ

性格は主に4つのタイプに分かれます。

リーダー型とピープル型と自由形とコツコツ型の4つです。

あなたはどのタイプに当てはまるでしょうか?

自分は「どの性格」の傾向が強いか、客観的に診断で見てみませんか?【詳細はこちら →】

リーダー型

リーダー型は、エネルギッシュで周りを引っ張っていける強さがある人です。

何か信念をもってやろうと取り組もうとする力が人一倍強い性格でしょう。

何事にも効率が良く、常に信頼ができ、万人に好感をもたれるタイプです。

リーダーの情熱さが、周りの人たちとかけ離れてしまうと距離を感じさせてしまいます。

また責任感が強すぎるあまり、気づかないところで疲れている場合もあります。

たまには息抜きをしましょうね!

【リーダー向きな人かどうかは、こちらの記事もチェック!】

ピープル型

ピープル型は、人との関係性を築くことが上手な人です。

周りとの争いごとを最も嫌う性格でしょう。

平和主義で、自分がどのように立ち回れば上手くいくか、分析できるタイプです。

ただ、争いごとが苦手なあまり自分の考えを主張できないことがあります。

自分がどう見られているのか気になり、人の意見に合わせたりして保守的になるでしょう。

人に流されないようにしましょう。

自由形

自由形は、自由奔放で常識にとらわれない人です。

好奇心旺盛でクリエイティブな性格でしょう。

あまり協調性がなく、退屈を嫌い、常に新しいことに刺激を求めるタイプです。

自由な行動や発想が行き過ぎると、社会で反感をかったり、理解されないことが増えるでしょう。

たちまち行き場を失ってしまうかもしれませんが、、卑屈になってはいけません。

人の意見にも耳を傾けるようにしましょう。

コツコツ型

コツコツ型は、困難なことに丁寧に立ち向かい、忍耐強く取り組める人です。

真面目で責任感の強い性格でしょう。

頑固で融通が利かず、ひとつのことに一生懸命になれるタイプです。

コツコツ精神も大切ですが、即決力や速さを求められることあります。

コツコツと努力をしてる間に、周りに追い抜かれて、おいてきぼりにされてしまうかもしれません。

いざという時に対応できるように、闘争力を身につけておきましょう。

人間の性格一覧表

4つに性格型を分けましたが、さらに性格を細かく掘り下げていきます。

性格一覧表を作りましたので、参考にしてみて下さい!

自分は「どの性格」の傾向が強いか、客観的に診断で見てみませんか?【詳細はこちら →】

真面目

真面目な性格は、何事も一生懸命頑張り、社会のルールを守れる性格です。

真っ直ぐな力強い目をしています。

規律にそった生き方ができる誠実なタイプです。

勤勉

勤勉な性格は、熱心で働き者で困難に遭遇したときは対処ができる賢い人です。

知的な顔つきをしています。

向上心が高く、周りから信頼されるタイプです。

気が利く

気が利く性格は、自分のことより周りを優先して動ける人です。

常に周りに目配せをしています。

洞察力が鋭く、アクティブに動けるタイプです。

さわやか

さわやかな性格は、メンタル面が強く、笑顔の明るい人です。

通りすがりに吹く風が清々しいでしょう。

物事への執着心がなく、文句の言わないタイプです。

社交的

社交的な性格は、モラルがり、気さくな人です。

ピシッとした立ち振る舞いでしょう。

自分に自信があり、自分の意見をしっかりと持っているタイプです。

目立ちたがり

目立ちたがりの性格は、さまざな場面でいつも中心的存在でいたい人です。

大きな声で話したり、アピールが凄いでしょう。

自己顕示欲が人一倍強く、褒めてもらいたいタイプです。

信心深い

信心深い性格は、神仏に信仰心をもち、慈悲の心が深い人です。

静かな心持ちに穏やかな顔つきをしています。

神の心を理解し、良心を大切にするタイプです。

謙虚

謙虚な性格は、慎ましく、相手に言われた批判も真摯に受け止め、考えられる人です。

真剣そのものの顔つきをしているでしょう。

人を見下したり、傲慢な態度を取らないタイプです。

優しい

優しい性格は、慈しみの心と感謝の心を持ち合わせた人です。

目元に優しさが溢れています。

相手の立場で考えて行動でき、包容力のあるタイプです。

繊細

繊細な性格は、様々なことに過度に敏感で、高い感受性をもった人です。

動作に品があり、目鼻立ちも綺麗でしょう。

豊かな想像力を持ち、物事の本質を見抜けてタイプです。

几帳面

几帳面な性格は、人に礼儀正しく、計画性を持っている人です。

字が綺麗で、身の回りも整理整頓されています。

些細な事にも手を抜かず、丁寧に取り組むタイプです。

しなやか

しなやかな性格は、物事の考え方に柔軟性があり、凛としている人です。

体から余裕の色気を感じるでしょう。

ギスギスした感じがなく、芯がしっかりしているタイプです。

仕事大好き

仕事大好きな性格は、仕事に生きがいを感じている人です。

何よりも仕事を優先にするでしょう。

仕事に没頭するあまり、周りのことが見えなくなるタイプです。

負けず嫌い

負けず嫌いな性格は、周囲の人に競争心を絶えずもっており、自分が正しいと自信がある人です。

いつも歯をくいしばるような口元をしています。

向上心が強く、自分自身に負けたくないと考えているタイプです。

世渡り上手

世渡り上手な性格は、人と争いごとを起こさず、周りから好かれてる人です。

人間関係をうまくやっていく能力があり、いつも笑顔でいるタイプです。

冷静

冷静な性格は、判断力があり、感情に左右されず落ち着いている人です。

目元がすわり、ちょっとしたことで顔色がかわりません。

普段はクールですが、いざとなったら頼れるタイプです。

アクティブ

アクティブな性格は、活発で積極的な人です。

あまり家にいることをせず、週末は遊びに行ったりと内より外にでるタイプです。

子供っぽい

子供っぽい性格は、無邪気で、童心を忘れてない純粋な人です。

顔つきも童顔で可愛らしいでしょう。

落ち着きがあまりなく、素直でお茶目なタイプです。

落ち着いてる

落ち着いてる性格は、キレたり騒いだりせず、冷静沈着に物事を見れる人です。

とても落ち着いた顔と口調で話します。

どっしりと構えていて、余裕があるタイプです。

ケチ

ケチな性格は、自分には投資し、他人へはお金をかけたくないと思っている人です。

お金や人に対して、損得勘定で考える自分大好きなタイプです。

神経質

神経質な性格は、物事を真面目に考えて、完璧主義な人です。

目が寄り目がちだったり、眉間にしわがあります。

繊細で、こだわりが強すぎたり、頭が固いタイプです。

我慢強い

我慢強い性格は、肉体的にも精神的にも物事を最後までやり遂げられる人です。

我慢し苦労してきた分、人の痛みや辛さが分かるほど理解に富んでいるタイプです。

地味

地味な性格は、質素な気質で周りの邪魔にならない人です。

性格が地味だからといっても、顔は地味ではないこともあります。

特に目立たなく、物静かなタイプです。

ポーカーフェイス

ポーカーフェイスな性格は、自分の感情を顔に出さない人です。

一見何を考えているか分からなく、つかみどころがないタイプです。

頑固

頑固な性格は、人の意見に耳をかさず自分が正しいと思い込み、柔軟な考えができない人です。

自己愛が強く、融通が利かないタイプです。

おしゃべり

おしゃべりな性格は、人のことが気になり、なんでも話したくなってしまう人です。

おしゃべりな人は口が大きかったり、声も大きくなります。

うわさ話が大好きで、常に話の輪にいたいタイプです。

おおらか

おおらかな性格は、北海道のように心が広く、周りとの調和を大切にする人です。

顔つきもおっとりとしてて、優しい表情をします。

いつも穏やかな態度で、嫌なことも笑い飛ばせてしまうタイプです。

おせっかい

おせっかいな性格は、面倒見のよさがいきすぎてしまってる人です。

困っている人を見過ごせなく、余計なお世話をしてしまうタイプです。

好奇心旺盛

好奇心旺盛な性格は、色んなことに興味を持ち、研究熱心な人です。

いつも前向きで、新しいものが好きで、子供のような心を持っているタイプです。

ロマンチスト

ロマンチストな性格は、現実からかけはなれており、夢見がちな空想の世界にいる人です。

ぼーっとしている時が幸せで、理想や夢をたくさんもっているタイプです。

のんびり

のんびりとした性格は、ちょっとしたことでは動じず、ゆったりと気ままに生きてる人です。

スローペースで、穏やかで感情の起伏が少ないタイプです。

お人好し

お人好しな性格は、楽観的で何でもかんでも受け入れてしまう気が良い人です。

何事も善意でとらえてしまう、純粋なタイプです。

マイペース

マイペースな性格は、芯が通っていて、冷静で落ち着いて行動できる人です。

常に自分なりの考えやポリシーをつらぬくタイプです。

泣き虫

泣き虫な性格は、情にもろく、涙腺が弱い人です。

同情的で、外部からの刺激に興奮しやすいタイプです。

恥ずかしがり屋

恥ずかしがり屋な性格は、慎重で、出しゃばらない人です。

恥ずかしいと頬が赤くなったり、声が小さくなります。

周りの空気を読むのが上手で、癒しになれるタイプです。

ワイルド

ワイルドな性格は、男らしく、野生的な本能に赴くままの人です。

決断力に優れており、速攻で物事を決めて動けるタイプです。

せっかち

せっかちな性格は、人の話を最後まで聞かずに早く結論を出したがるタイプです。

心に余裕がなくなると急ぎだしたり、慌てるタイプです。

無邪気

無邪気な性格は、素直な感情表現ができ、純粋無垢で、屈託無い人です。

行動がまるで子供のように、可愛らしいタイプです。

わがまま

わがままな性格は、自分中心で地球が回ってるかのような振る舞いをする人です。

自分の思い通りにならないと拗ねたり、癇癪を起こすタイプです。

自由気まま

自由気ままな性格は、個性を強く持っていて、他人に依存せず自立している人です。

細かいことにとらわれずに、束縛されない状態でいたいと願うタイプです。

不器用

不器用な性格は、自分の気持ちを上手く表現したり、言葉にしたりするのが苦手な人です。

融通が利かなく、自分ルールを貫いてしまい、周りを困らせるタイプです。

おおざっぱ

おおざっぱな性格は、計画性がなく行動力があり、周りをあまり気にしない人です。

人は人、自分は自分という考えで、他人の言葉を真に受けても気にしないタイプです。

お調子者

お調子者の性格は、サービス精神の塊で、明るくノリが良い人です。

相手に合わせたり、楽しませようしたりと、今を大切に生きるタイプです。

ぐうたら

ぐうたらな性格は、めんどくさがり屋で、怠け者でだらしがない人です。

なにもかもに無気力で、お布団でゴロゴロとしているタイプです。

一匹狼

一匹狼の性格は、信念をもっていて、メリハリのある人です。

人を寄せつけないオーラが不思議と漂っていて、近寄りがたいタイプです。

引っ込み思案

引っ込み思案な性格は、あまり自分から行動を起こすことはせず、受け身がちな人です。

おとなしく、なかなか自分の思ったことを口にすることができないタイプです。

優柔不断

優柔不断な性格は、沢山の物の中からひとつを決めるときに、魅力的な点が気になり、そこから決断力が鈍くなり、決められない人です。

あらゆる可能性を考えないと不安になってしまうタイプです。

度胸がある

人間の性格の中で特にメンタルが強いように思えるのが、この度胸がある性格です。

言いかえれば、強気な性格であり、勇敢で、逞しく見える存在でもあります。

よく職場や学校などで上の人に言いごたえする人などは度胸がある人のように思えます。

では、一体どのような人が度胸があるかと言いますと、メンタルが強い人もそうですが、最もは、自分の考えをしっかり持っている人だと思います。

自分の考えをしっかりもっているから他人の意見に流されたりすることがないので、上司が違う意見を言っても、反論することができるのです。

反論して、ただ強気な口調で意味のない言葉を返してくる上司ならば、その上司は度胸がない上司です。

また、自分に自信がある証拠でもあります。

故に度胸がある人は他人から見ると強く見える存在なのです。

疑い深い

とにかく何でもかんでも疑う人が身の回りに何人かいらっしゃいませんか?たいていこのような方はきめ細かい性格の持ち主です。

何でもかんでも気にしてしまう性格だからです。

疑い深いことに悪いことはありませんが、それがしつこいようだと、相手にとっては息苦しく感じてしまうこともあります。

疑い深いパートナーと一緒にいて、物事1つ発するだけで、「どうした?」と聞いてきたり、咳をするだけで風邪を疑ったりなど、行動1つ1つが見られているような気がして落ち着きません。

仮に相手を信用しているのであれば、そこまで相手を気にしなくても済みますよね。

そう、疑い深い人は相手を信用することが苦手な人が多いのです。

酷い場合は、相手を自分の物と思いこんでしまっている節もあります。

故に相手が息苦しくなってしまうのは当然なのです。

また、同様に何でもかんでも騙されると言うことを考えてしまう人もいるので、自分以外を信用出来なくなってしまっている姿と言えます。

騙されやすい

世の中には騙す人もいれば、騙されやすい人もいます。

特にニュースなどを見ていると、人が良い人や素直な人が騙されているような感じに見えますが、果たしてそうでしょうか?

確かに騙されやすい人は、そのような感じの性格を持った人が多いのですが、実は一概にそうとも言えません。

要は知識不足や経験不足が原因になっていると思います。

特に詐欺事件などは首都圏などで起きた後に、田舎で再び起きるような感じになっています。

これは、田舎にはまだ詐欺に対しての免疫が出来ていないと思っているからです。

特に自分が今住んでいるテリトリーから出たことない人などは、外の様子を知らないので騙されやすいのです。

つまりは、騙されやすい人は世間が狭い人なのです。

どうせ自分には詐欺などは来ないと思っている人などは格好の獲物です。

また、疑い深い人も実は格好の獲物なのです。

疑い深い分、これでもかと言うぐらい疑わせれば、逆に信用してしまうみたいです。

サバサバしている

とにかくあっさりしていると言うか、物事に関していつまでも引きずらない性格の持ち主をサバサバしている人と言います。

特に女性でこだわりが少ない人やさっぱりしている人などは、サバサバしていると言われます。

外から見ると一見怖そうに見える存在ですが、それは表面だけです。

ある意味、スッキリしているので、交流が増えればストレスを感じることが少ない存在とも言えます。

また、決断力が早いので一緒に仕事をしていると結構スムーズに進めることができますよ。

ない物ねだりをしない存在なので、スパッと決断してしまいます。

サバサバと聞くと、一昔前に映画の記者会見で騒がせた某女優さんを思い浮かぶ方もいらっしゃって、ポジティブに考えられない人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

仲良くなると意外と心強い存在になるかもしれません。

執着心が強い

いつまでもネチネチ、過去のことを何度も蒸し返す。

そのような人が職場などには意外と多くいらっしゃると思います。

はっきり言えば、関わりたくないような人ですね。

それだけ過去にこだわりを持っていらっしゃるのかはわかりませんが、執着心が強い人は意外と多いのです。

特に最近では、保守系の人にこのようなタイプの人が多く、いつでも相手をつぶそうと過去の過ちをネタにネチネチしてくる人がいます。

はっきり言って面倒くさいし、いつまで過去を見ているのだかといった思いを抱きます。

過去の栄冠にこだわっている人や、時代に乗り遅れている人、または、自分が凄いと勘違いしている人にこのようなタイプは多いです。

過去に執着してもいいことはありません。

これからは未来を見て生きていく社会です。

八方美人

言葉事態は響の良い感じの言葉ですが、意外とネガティブな感じに使用されている言葉でもあり、八方美人な性格と言われる人は、心地よい気分がしないみたいです。

意味的には「どこから見ても欠点はない」「当たり障りがない」「どなたにでもうまく振る舞う」などのような感じです。

つまり、どんな人に対してもうまく接しているということで捉える人が多いので、いつでも言い顔をしている。

もしくは、愛想の良い振る舞えをしているなどのように、自分を良く見せようとしてる人に使用される言葉でもあります。

上司に気にいられるようにおべっかしたり、媚びたりしている人を見ると、八方美人と言うように見る人もいます。

しかし、真の意味でどこから見ても欠点がない人もいますが、日本人はネガティブな感じで捉えるのが好きなので、悪いイメージが独り歩きしている感じです。

【八方美人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

傲慢

とにかく人の話を聞かない。

自分の意見は絶対だと言う感じに振る舞っている人のことを傲慢と言います。

まあ、頑固な性格の持ち主と言えますね。

このような人は本当に人の話を聞くこともなければ、受け入れることもないので、独りよがりになってしまっている人が多いです。

例え、1人になっても、1人で出来ると思っている節もあるので、非常に厄介です。

よく、振り向いた時に誰もいないと言ったことがあるのは、このような人です。

最初は良くても、新しい情報が入ってこない危険性が非常に高いので、成長が止まってしまう危険性があります。

しかし、治しようにも相手の話を聞かないのでなかなか治りません。

このような人が上司の会社だと、どこかで立ち止まってしまう恐れがあり、そこからのびないのでいずれは倒産と言ったことになってしまいます。

適当

何でもかんでも適当にしてしまう人がいらっしゃると思います。

まあ、このような人は仕事を雑にしてしまうのか、もしくはスピードを重視しているためか適当にやってしまうようです。

要は一点集中をしているので、先を見ていないので、適当にやってしまう節があるみたいです。

その場は適当に済ませても大丈夫ですが、のちのちそれが響いて来ることもあるのです。

つまり、適当に物事を進める人に多いのが、こんなはずではなかった。

気づいたら遅い。

などと言った状況です。

場合によっては取り返しのつかない大惨事になってしまうこともあるので、軽い気持ちでいられると凄く迷惑なのです。

適当な人はどこか気持ちが軽く、問題ないと思っているのですが、それが命取りなのです。

特に集団で作業を行う場合などには、このような人はリスクのある人に思えてしまうのです。

ひょうきん

気軽な感じでふざけているけど、どこか憎めない性格の持ち主なのが、ひょうきんな人と言えます。

周囲にそのような人がいるだけで、なぜか微笑んだり、和やかな気持ちになったりするので、意外と上司などから可愛いがられる存在ではあります。

しかし、中には気に食わないと思う方もいらっしゃるので、ふざけた様子を見せるのも限度を考えた方がいい場合もあります。

周囲をしっかり見渡せる人であるならば、周囲に敵を増やすことはありませんが、周囲を見れてないまま行っていると、もしかしたらと言ったことが起きる可能性も高いのです。

明るいことに悪いことはありませんが、時と場面を考えて動かないと意味がありません。

ひょうきんな部分をしっかりちゃんと活かせれば強みにもなりますので、しっかり活かしましょう。

臆病

何かにつけて表に出ず、びくびくしている人がいますが、このような方を臆病と言います。

簡単に言えば強い人にまかれるタイプです。

自分の意見を持っていないので、とにかく自分に被害が来ない選択肢をしようと考えています。

一昔前では、あまり良い感じに見られませんでしたが、最近は保守的な人が増えてきているためか、部下に臆病な人がつくとラッキーと思う方もいらっしゃるみたいです。

ビビらせておけば、自分の言うことを聞くと思っているらしいです。

まあ、保守的な人も、自分の地位を守るために必死なので、ある意味臆病な存在とも言えますので、類友の法則が成り立っています。

つまりは、保守的な人がトップの会社には臆病な人間しか来ないのです。

では、臆病は治るのかと言いますと、治すことはできますが、それはあなた次第なので、外からでは何も言えません。

あなたがどうにかするしかないのです。

短気

すぐに怒る!何で怒るかわからないと言った感じの方がいらっしゃいますが、このような方を短期と言います。

ある意味、近くにいるとナイフを突き付けさせられているような状況です。

何気ない一言でも簡単に怒るので非常に厄介です。

まあ、それだけ自分をコントロールできていない証拠でもありますが、本人にその自覚がありません。

このようなタイプの相手をするのは非常に厄介です。

ただ、すぐに怒るのはビビっているからということも考えられます。

つまりは、自己防衛として短気になっている可能性もあるのです。

弱い人ほどよく吠えるとは言いますが、まさに短気はその最もたる象徴のようなものなのです。

短気には気をつけましょう。

二重人格

表面上は優しい感じがしても、実はすごく恨み深い人だったりと人間はどんな裏の顔を持っているのかわかりません。

裏表がある人、もしくは二重人格の人は、時と場合によって見せる顔が違います。

では、どのような人が二重人格なのかと言いますと、はっきり言えば、わかりません。

わかる時は裏の顔を見せた時です。

つまり、表面だけが真の姿とは限らないのです。

嘘つき

平気で嘘をつく人はいますが、これが大人になっても癖のような感じで残っていると非常に厄介です。

嘘やごまかしは必ずばれるものなのです。

特に仕事などで嘘をついてしているとあとあとになって、痛い思いをしてしまう人は多くいらっしゃいます。

虚偽やら改ざんなど、このようなことをして大問題になる方もいらっしゃるほどです。

自分は一般人だから大丈夫と思っていらっしゃる方も安心はできませんよ。

あなたがついた嘘がいつどこで爆弾になるかわかりませんので、嘘をつくのは辞めましょう。

自己中心的

自分のことしか考えていない人を自己中と言いますが、実際問題、自分のことを考えない人間はいないのです。

つまり、誰でも自己中になってしまうのです。

自己中の酷いのは、自分の考えでしか行動しないでミスをしたりしても相手のせいにしてしまうことです。

また、このようなことからよく自己中というワードが注意のワードに使用されることもあります。

一本気

いろいろな物事などに対して一途に思ってしまう性格のことを一本気と言います。

プラスの面で捉えるのであれば、そのことに対して集中していると言えるのですが、マイナスに捉えると、視野が狭い、そのことに集中し過ぎと言った感じになってしまいます。

要は柔軟に使い分けることが大切になってきます。

メンへラ

メンタルヘルスの略称のような言葉で、精神疾患を患っている人と言うような感じに捉えています。

要は、精神の面が不安定な人のことを言います。

精神と言っても絶対的な定義がないので、最近では自分にとって気に食わない行動をする人をメンヘラと言って、排除しようとしている人もいるので、厄介です。

十人十色の世界なので、あなたと意見が合わない人がいるのは当然です。

生真面目

真面目の域を超えた真面目な人を生真面目と言います。

外から見ると頑固な人や固い人のように見えますが、真面目なだけで固いとは限りません。

ルールをしっかり守ったりするので、ある意味、ルール上ではお手本になる人と言えます。

思い遣りがある

相手に対して優しく接したり、寄りそう人のことを思いやりのある人と言います。

ある意味このような人は「youfirstmesecond」の精神があるのです。

他人に対して、柔軟に接することは必ず何か自分に返ってきます。

故に「情けは人のためにならず」と言われるのです。

用心深い

何でもかんでも「大丈夫?」「騙されていない?」などと言った感じに用心深い人はいますが、このような人は自分が損をすることを拒んでいるだけです。

被害に会いたくないのはみんな一緒ですが、このような人はとにかくしつこいです。

こだわりが強い

自分の考えに自信があるのかどうかはわかりませんが、こだわりが強い人は周囲にはいらっしゃると思います。

まあ、このようなタイプは傍観するのが一番です。

人間の性格は様々!(まとめ)

いかがでしたか?

あなたに当てはまる性格はありましたか?

性格は生まれ持ったものもありますが、ほとんど幼少期からの生活環境の中で形成されていきます。

中には付き合ってはいけない危険な性格もあります。

例えば、人を騙そうとしたり裏で悪口を言う嘘つきな性格や、自分の快楽のために他人を犠牲にするような恐ろしい性格の人です。

綺麗な心の人ほど、恐ろしい性格の人間に狙われやすいです。

このような時こそ、決意をもって人間関係論を断ち切るようにしましょう。

逆に素晴らしい性格の人間と付き合えば付き合うほど、あなたの人間性はさらに磨かれ続けると思われます。

例えば、人の悩みを自分のことのように考えれる思いやりのある性格や、自然界の美しさに気づける感受性豊かな性格の人です。

素晴らしい性格と信用できる人に出会えた時は、大いに喜び感謝し、大切にしましょう。

しかし、人間の性格は十人十色で、とても感慨深いものですね。

今後、性格もひとつの個性として捉えれると素敵ではないでしょうか。

【自分の性格については、こちらの記事もチェック!】